◆刑事弁護

 犯罪の疑いにより警察、検察から捜査を受けている人(被疑者),捜査の結果,刑事裁判にかけられた人(被告人)の弁護をお受けしています。

 刑事弁護においては、無実の人が罰せられないようにすることが最も重要と考えており、冤罪を生むことは犯罪被害者にとっても更なる精神的苦痛を生じさせるものと思われます。

 もっとも、当職がこれまで受任した事件は圧倒的に自白事件が多く、その場合は、被害弁償、適切な監督者の確保などの情状弁護を行っています。

 なお、被害者との交渉等は適切な方法により行われるべきと考えており、証拠隠滅等と疑われかねない行為を被疑者やその関係者から求められても、これに応じることはできません。

 

 当職が受任した事件として、次のようなものがありました。

・捜査段階における否認事件

 強姦被疑事件において、被害者が警察の事情聴取に非協力的との情報があり、一方で、被害者の勤務店のウェブページには被害者が出勤しているとの記載があるのに、勤務店から営業損害を強く求められたことから、当職は、これらの事情を証拠化して勾留延長準抗告を行い、高裁で認められた。

・公判段階における否認事件

 銃刀法、覚せい剤被告事件において、共犯者らへの尋問、共犯者らの供述調書における同時期の供述変遷の指摘などにより、検察の立証の柱である共犯者らの供述の信用性を崩し、無罪判決をえた。

・公判段階における自白事件

 窃盗被告事件について、被害弁償、被害者の詳細な宥恕の陳述、適切な監督者の存在について立証し、再度の執行猶予付き判決をえた。

 

ご相談は、

電話番号

0957-61-0888

まで、お電話にてご予約ください。

電話受付時間は、

平日午前9時から午後5時30分です。

初回相談は無料です。

ご相談内容に関わらず、ご遠慮なくご相談ください。

 

事務所所在地:

長崎県島原市今川町1850-1

大手門ビル5階

有明しまばら法律事務所

地図